過払い金返還請求は司法書士依頼がおすすめ

過払い金返還請求には期限があり、その期限を過ぎると金額の大小にかかわらず返還請求が出来なくなってしまいます。多大な労力をかけて返済したお金が、実は必要以上に払っていたという事は非常に大きな問題と言えますし、何よりも「100万円以上の返還があった」という事も少なくないので、「もしかしたら」と言う状況であれば正確に計算することが大切です。

その際、専門家に依頼した方が確実な対応が取れる可能性が高くなります。ただ、弁護士に依頼すると非常に費用が高くなってしまう可能性もある為、費用を抑えつつ高い効果を得るという目的であれば「司法書士」に依頼する方法がおすすめです。

司法書士に過払いを相談する理由

実際には、司法書士に過払いを相談する人も多いみたいですね。その理由について考えてみたいと思います。司法書士の資格だけでは訴訟の代理人になる事はできませんが、過払いの件で訴訟を考えていない場合で、なおかつ司法書士でも取り扱いが可能な金額であれば、弁護士に相談するのか、もしくは司法書士に相談するのかという事を自分で決める事ができます。

過払いの問題を司法書士に相談した場合、支払うべき報酬は弁護士の方が高額になるというケースもあります。過払いだけの相談であれば、気軽に相談できる方がいいと考える人もいる様です。確かに、完済しているなら時効さえ注意しておけば、気軽に過払いの相談ができる事もあるでしょう。

過払い請求を諦めるという選択

ひょっとすると自分も過払い請求をする事で、お金が戻ってくるかもしれないと思うと、やはり取り戻したいと思う人が多く、金額が多い場合にはなおさら諦める事はしたくはないですね。でも、頑張って取り戻すほどでもない金額だという事が発覚すると、気持ちの面で諦めがつく事もあるでしょう。

過払い請求ができるかもしれないという期待と抱き続けるのではなくて、まずアクションを起こして、はっきりとした金額を数値で出してもらうといいでしょう。そうすると、そこからどうするか、自分で選択する事ができます。

もし、過払い請求をして取り戻したいという本人の気持ちがあるのであれば、少しでも早く行動に移した方がいいでしょう。

関連