司法書士にも過払い請求の依頼ができる

認定司法書士なら、140万円以下の債務整理や過払い請求の代理人となれます。完済後のケースでは、10年の時効にかかっていないかを確認しておきましょう。最後に返済をしてから10年以上が経過していると時効にかかっています。

過払い金を計算してみると、140万円を超えていたというケースでは、改めて弁護士に依頼をし直さなければなりません。あらかじめ自分でもだいたいの金額を計算してみましょう。インターネットで無料の計算ツールなどが用意されています。140万円を超えている場合には、最初から弁護士に依頼をしたほうが手間がかからずにすみます。