司法書士にも過払い請求の依頼ができる

認定司法書士なら、140万円以下の債務整理や過払い請求の代理人となれます。完済後のケースでは、10年の時効にかかっていないかを確認しておきましょう。最後に返済をしてから10年以上が経過していると時効にかかっています。

過払い金を計算してみると、140万円を超えていたというケースでは、改めて弁護士に依頼をし直さなければなりません。あらかじめ自分でもだいたいの金額を計算してみましょう。インターネットで無料の計算ツールなどが用意されています。140万円を超えている場合には、最初から弁護士に依頼をしたほうが手間がかからずにすみます。

過払い請求ができるか判断するには

今まで、消費者金融などでお金を借りていた人などは、もしかすると自分も過払い請求ができるのではと思う人が多いです。自分で、計算も可能ですが正確な金額を出すなら弁護士や司法書士などの専門家に頼んだ方が良いです。

借金が多い人は、債務整理をしたいと思う人も多いですが、どうやったらいいか分からないという人が多くいます。

過払い請求や債務整理ができるかどうかは、自分で勝手な判断をしないで弁護士や司法書士などの法律のスペシャリストに頼んだ方が、早いし確実でしょう。借金の相談するのが初めての人は、インターネットで検索すれば身近な専門家を探すことができます。

今後の影響と過払い

もし今自分が過払いをすると、今後の生活によくない影響が出てくるのではないかと不安になる人もいる様です。過払いなどの借金問題に多いのは、ブラックリストに掲載される事による社会的な影響などがあるかどうか知りたい人は多い様です。

しかし、返済能力に欠いてしまった際に行う債務整理と過払いでは意味が少し違ってきます。過払いは返済が終わってしまっている人も行う場合があり、支払過ぎた利子を取り戻すものです。債務整理は返済状況が好ましくなかった際に行う事が多いでしょう。

債務整理に比べると過払いの方が、今後の生活に出てくる影響というのは少ないと考えられます。知る事は時として不安の解消につながる事もあるでしょう。

関連