債務整理とは?

債務整理とは困った借金問題を解決する方法のことですが、どういう状況なのかによって取る対策が異なってきます。

例えば「過払い請求」の場合、完済した借金のうち、グレーゾーン金利の部分に関しては請求をすることによって取り戻せるというものです。

弁護士に任意整理を依頼した時は、お金を借りた人に対して支払いの請求をすることを禁じられています。もし、その際に請求した場合は、貸金業者は営業停止・懲役・罰金等の処罰を科すことが定められています。

また、任意整理による債務整理の交渉が和解するまでは、毎月の支払いも停止されることになるので、和解が成立するまでの間に生活を見直し、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。

現在、毎月の返済が苦しいと感じている人や複数からの借り入れで返済をやりくりしている人、すでに支払いが滞っている人は、債務整理を行われたほうがよいでしょう。

債務整理はいくつかの方法で借金を減らすことができます。

早い段階で手続きを始めたほうが、債務整理手続きの選択肢が増えることになります。悩んだときは司法書士や弁護士といった専門家に一度相談してみることをお勧めします。

債務整理を行うと、結果として本来返済すべき金額が減る事があります。それには“グレーゾーン金利”が関係している事もあります。借金の利息は“出資法”と“利息制限法”という法律により、違った上限の金利が定められています。

そこで、合法とも違法とも考えられるグレーゾーンの部分が発生します。その中で、払いすぎの利息を過払い金として、金融機関に返済してもらう事ができます。

長い期間、返済をしている人は調べてみるとよいのではないでしょうか。

たしかめておきたい過払い

借金の債務整理をする前に過払い金が発生していないか確かめると良いでしょう。非常に残念ながら、たくさんの過払い金が請求されないままの状態になっています。

過払い金は本来なら支払わなくていいお金です。

過払い金を金融機関に払い戻してもらうには、自分で手続きを行なう事もできます。しかし、弁護士や司法書士に依頼すると過払い金に関する面倒な手続きを代わりに行なってくれます。

最近では、インターネットを利用すると簡単に過払い金に関する情報を手に入れることができるようになりました。

もしも、あなたに過払い金が発生しているなら過払い金の請求を行なってみてはいかがでしょうか。

過払い請求と金融機関への問い合わせ

自分が利用していた借入に対して過払い請求をしたいのですが、と金融機関にお問い合わせをした場合に、ぞれぞれの金融機関によって対応がかなり異なる事もある様です。

おおまかな傾向としては、債務者本人がお問い合わせをした場合には断られてしまう事が多い様です。

ですが、過払い請求を依頼された弁護士や司法書士がお問い合わせをした場合には、対応してくれる場合もあれば、訴訟となってしまう事もある様です。

また、訴訟となって結果が出て対応する場合と、その前後に和解となる場合などがあると考えられます。

自分で直接、金融機関に過払い請求を行って、さっさと取引したいと考える債務者が多い中で、実際は難しい事が多い様です。

利息制限法と出資法による過払い

過払い請求という言葉は、弁護士事務所などの広告などでよく見かけるのではないでしょうか。借金の利子に関することは利息制限法と出資法という違った二つの法律により定められています。

問題なのは、その二つの法律で、違った内容が記されています。

出資法では、利息は29.2%までであると記されています。しかし、もう一方の利息制限法では10万円以下の借金なら20%の利子、100万円以下の借金なら18%の利子、そして100万円以上の借金なら15%の利子というように記されています。

利息制限法を破っても罰則がありませんが、出資法を破ると罰則があります。
その点が過払い請求の問題なのです。

過払い請求ができるか判断するには

今まで、消費者金融などでお金を借りていた人などは、もしかすると自分も過払い請求ができるのではと思う人が多いです。自分で、計算も可能ですが正確な金額を出すなら弁護士や司法書士などの専門家に頼んだ方が良いです。

借金が多い人は、債務整理をしたいと思う人も多いですが、どうやったらいいか分からないという人が多くいます。

過払い請求や債務整理ができるかどうかは、自分で勝手な判断をしないで弁護士や司法書士などの法律のスペシャリストに頼んだ方が、早いし確実でしょう。借金の相談するのが初めての人は、インターネットで検索すれば身近な専門家を探すことができます。

自己破産や民事再生を司法書士に依頼

自己破産や借金の減額により残りを返済する方向とする民事再生は、弁護士または司法書士が代行申請可能です。

このとき、弁護士と司法書士とでは若干条件に違いがあり、金額にかかわらず全額対応が可能な弁護士と、金額の上限が決まっている司法書士といった具合に違いが生じます。

自己破産も民事再生も裁判所への申し立てが必要であり、どちらもその了解を得なければなりません。一般の人が申し立てを行うことは不可能ではありませんが、士業の専門家に依頼をして対応を図る方が現実的です。彼ら士業に依頼をしているときには、利息の計算がストップするというメリットもあるからです。

自己破産は弁護士と司法書士どちらに相談すればよいのか

自己破産とは、債務者が書類の準備から裁判所に破産申立書を提出して免責決定を受け取る事で成立しますが、申し立てをするとき、弁護士と司法書士とどちらでも依頼する事が出来ます。その違いはというと、前者は代理人、後者は書類作成代理人であるとういうことです。

大きな違いがあるとすれば、もし裁判官との面談が行われることがあった場合、司法書士は代理人ではないため直接質問に答えたりは出来ない点です。以前は同席も出来ませんでした。ただし面談は必ず行うものではないため、それがなければ仕事内容は大きく変わりません。

あとは報酬額に違いがあるためそれぞれ自己破産の相談をして決める事になりますが一般的に司法書士の方が依頼料が割安な場合が多いようです。

自己破産でやり直す

きっと自己破産をしなくてはいけない状況になれば、周囲の人にどう思われるのだろうか、このまま仕事を続ける事はできるのだろうか、などいろんな事で悩んだり、将来の事を不安に思ったりする人もいるかもしれませんね。

実際に自己破産が与える影響については、自分で調べるか弁護士に相談して聞くといいでしょう。しかし、時には勇気を出して、自己破産をするという事で、人生がいい方向にシフトできる人もいると思います。

覚悟をして、自己破産を受け入れないといけない時には、逃げないで対応したいですね。

自己破産をした後に貯めたお金はそのまま自由に利用する事ができます。

なるべく希望を持って生きる様にしたいですね。

自己破産は債務整理の一つの方法

借金を解決するための究極の方法は自己破産ですが、深刻さによっては別の債務整理だけで解決できてしまう事もあります。ですので、借金が思う様に返済できなくなってしまった時には、すぐに自己破産という分けではなく、他の債務整理で何とかするという方法が残されているでしょう。

しかし、ちょっとした借金問題でも侮って何もしなければ、他の債務整理でも解決する事ができず、自己破産に至ってしまう事もあると思います。

ちょっとした借金問題でも、また問題が発生するまででも自己破産などの債務整理が必要になるかもしれないという事を頭に入れながら対応する様にしたいですね。

自己破産などの債務整理は究極の方法として必要最低限で利用したいですね。

債務整理で借金を返済しやすくする

借金をしている人も多いのではないでしょうか。
このご時世においては景気が良くなく生活に困っている人も少なくない様です。

お金に困れば、それに応じて借金をする人もきっと増える事でしょう。
借金をして無事に返済する事ができるならまだいいですが、問題は返済が厳しくなってしまった時です。
無事返済できると思っていた借金が厳しくなったという人もいるでしょう。

現在は深刻な問題となっていなくても、将来的にちょっとしんどいと感じたら債務整理を行った方がいいかもしれません。
債務整理は少しでも借金を返済しやすくするための解決の手段の一つです。

司法書士に過払いを相談する理由

実際には、司法書士に過払いを相談する人も多いみたいですね。その理由について考えてみたいと思います。司法書士の資格だけでは訴訟の代理人になる事はできませんが、過払いの件で訴訟を考えていない場合で、なおかつ司法書士でも取り扱いが可能な金額であれば、弁護士に相談するのか、もしくは司法書士に相談するのかという事を自分で決める事ができます。

過払いの問題を司法書士に相談した場合、支払うべき報酬は弁護士の方が高額になるというケースもあります。過払いだけの相談であれば、気軽に相談できる方がいいと考える人もいる様です。確かに、完済しているなら時効さえ注意しておけば、気軽に過払いの相談ができる事もあるでしょう。
司法書士 大阪で探すなら。

必要な書類を用意して債務整理

実際に債務整理で必要な書類というのは司法書士や弁護士が用意してくれるかと思いますが、司法書士や弁護士に債務整理の依頼をする時に書類が必要になってくる事もあります。

そして、免許所やパスポートなどの身分証明書が必要になってくる事もあります。債務整理で必要な書類は事前に確認しておいて、債務整理の打ち合わせをする時には、忘れないで持参したいですね。

債務整理の時に司法書士や弁護士とは一度しか実際に合わないという事もある様です。遠方の人は、特に行き来が大変かと思いますので、忘れ物などがない様にしたいですね。

そして、事前に話をまとめておく事も忘れずに行っておきたいですね。

過払い請求を諦めるという選択

ひょっとすると自分も過払い請求をする事で、お金が戻ってくるかもしれないと思うと、やはり取り戻したいと思う人が多く、金額が多い場合にはなおさら諦める事はしたくはないですね。でも、頑張って取り戻すほどでもない金額だという事が発覚すると、気持ちの面で諦めがつく事もあるでしょう。

過払い請求ができるかもしれないという期待と抱き続けるのではなくて、まずアクションを起こして、はっきりとした金額を数値で出してもらうといいでしょう。そうすると、そこからどうするか、自分で選択する事ができます。

もし、過払い請求をして取り戻したいという本人の気持ちがあるのであれば、少しでも早く行動に移した方がいいでしょう。

債務整理はタイミングも大事

家族に内緒で借金をしている人などは、その事を家族に知られないために、適切な借金への対応が遅れてしまい、債務整理になってしまったりする事もあるかもしれません。

債務整理においてタイミングが大事な場合もあります。借金を返済できなくなると、別の金融機関に行って、また借金を繰り返す人もいますが、それは多重債務に至る事もあります。

ですので、借金で困っているのであれば、新たに借金をする前に債務整理を考えてはどうでしょう。傷が浅い間に債務整理を行っておいた方がいい場合というのもあると思います。多重債務になった人でも、家族に迷惑をかけたくない、きっと返済できると思っていた人は多いと思います。

人により、債務整理を避けているばかりでは、何の解決にならない事もあります。

借金を減らすには

普通に考えると借金を減らすには借金を返済することが必要です。

借金を返済するには所得を増やすなどの収入増が必要です。できる限りの収入増を考えた上で支出を減らしてみましょう。一時的なことではなく長い目でみて借金の返済計画を立てることが大切です。

今後の影響と過払い

もし今自分が過払いをすると、今後の生活によくない影響が出てくるのではないかと不安になる人もいる様です。過払いなどの借金問題に多いのは、ブラックリストに掲載される事による社会的な影響などがあるかどうか知りたい人は多い様です。

しかし、返済能力に欠いてしまった際に行う債務整理と過払いでは意味が少し違ってきます。過払いは返済が終わってしまっている人も行う場合があり、支払過ぎた利子を取り戻すものです。債務整理は返済状況が好ましくなかった際に行う事が多いでしょう。

債務整理に比べると過払いの方が、今後の生活に出てくる影響というのは少ないと考えられます。知る事は時として不安の解消につながる事もあるでしょう。

自己破産すれば・・

自己破産すれば借金はなくなります。しかし、銀行などからお金を借りることができません。

また、何度も自己破産することは難しく、それほど覚悟がいることなのです。自己破産を考えたなら将来のことを現在の借金の金額と鑑みて弁護士や司法書士に相談しましょう。

過払い請求などで借金が減額、または返済できてしまうこともありますのでよくよく考えてみましょう。

債務整理の面談について

法律事務所に行って債務整理の面談を行う事が多いと思いますが、面談は時として長引いてしまう事もあるかと思います。債務整理は、借金を繰り返している人もおり、状況の把握だけでも大変時間がかかってしまう事もあります。

ですので、債務整理の相談で法律事務所に行く際には、時間の余裕を持っておく様にしたいですね。時間的に余裕がない人は、遅くまで営業している法律事務所や、土日も営業している法律事務所を選択するなどの工夫が必要になってくるかと思います。

面談の内容を元にして法律家は債務整理を進めてくれますので、短時間ではなく、しっかりと時間をかけてでも債務整理について話をしておくべき事というのもあるのではないでしょうか。