債務整理とは?

債務整理とは困った借金問題を解決する方法のことですが、どういう状況なのかによって取る対策が異なってきます。

例えば「過払い請求」の場合、完済した借金のうち、グレーゾーン金利の部分に関しては請求をすることによって取り戻せるというものです。

弁護士に任意整理を依頼した時は、お金を借りた人に対して支払いの請求をすることを禁じられています。もし、その際に請求した場合は、貸金業者は営業停止・懲役・罰金等の処罰を科すことが定められています。

また、任意整理による債務整理の交渉が和解するまでは、毎月の支払いも停止されることになるので、和解が成立するまでの間に生活を見直し、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。

現在、毎月の返済が苦しいと感じている人や複数からの借り入れで返済をやりくりしている人、すでに支払いが滞っている人は、債務整理を行われたほうがよいでしょう。

債務整理はいくつかの方法で借金を減らすことができます。

早い段階で手続きを始めたほうが、債務整理手続きの選択肢が増えることになります。悩んだときは司法書士や弁護士といった専門家に一度相談してみることをお勧めします。

債務整理を行うと、結果として本来返済すべき金額が減る事があります。それには“グレーゾーン金利”が関係している事もあります。借金の利息は“出資法”と“利息制限法”という法律により、違った上限の金利が定められています。

そこで、合法とも違法とも考えられるグレーゾーンの部分が発生します。その中で、払いすぎの利息を過払い金として、金融機関に返済してもらう事ができます。

長い期間、返済をしている人は調べてみるとよいのではないでしょうか。