借金を減らすには

普通に考えると借金を減らすには借金を返済することが必要です。

借金を返済するには所得を増やすなどの収入増が必要です。できる限りの収入増を考えた上で支出を減らしてみましょう。一時的なことではなく長い目でみて借金の返済計画を立てることが大切です。

今後の影響と過払い

もし今自分が過払いをすると、今後の生活によくない影響が出てくるのではないかと不安になる人もいる様です。過払いなどの借金問題に多いのは、ブラックリストに掲載される事による社会的な影響などがあるかどうか知りたい人は多い様です。

しかし、返済能力に欠いてしまった際に行う債務整理と過払いでは意味が少し違ってきます。過払いは返済が終わってしまっている人も行う場合があり、支払過ぎた利子を取り戻すものです。債務整理は返済状況が好ましくなかった際に行う事が多いでしょう。

債務整理に比べると過払いの方が、今後の生活に出てくる影響というのは少ないと考えられます。知る事は時として不安の解消につながる事もあるでしょう。

自己破産すれば・・

自己破産すれば借金はなくなります。しかし、銀行などからお金を借りることができません。

また、何度も自己破産することは難しく、それほど覚悟がいることなのです。自己破産を考えたなら将来のことを現在の借金の金額と鑑みて弁護士や司法書士に相談しましょう。

過払い請求などで借金が減額、または返済できてしまうこともありますのでよくよく考えてみましょう。

債務整理の面談について

法律事務所に行って債務整理の面談を行う事が多いと思いますが、面談は時として長引いてしまう事もあるかと思います。債務整理は、借金を繰り返している人もおり、状況の把握だけでも大変時間がかかってしまう事もあります。

ですので、債務整理の相談で法律事務所に行く際には、時間の余裕を持っておく様にしたいですね。時間的に余裕がない人は、遅くまで営業している法律事務所や、土日も営業している法律事務所を選択するなどの工夫が必要になってくるかと思います。

面談の内容を元にして法律家は債務整理を進めてくれますので、短時間ではなく、しっかりと時間をかけてでも債務整理について話をしておくべき事というのもあるのではないでしょうか。