利息制限法と出資法による過払い

過払い請求という言葉は、弁護士事務所などの広告などでよく見かけるのではないでしょうか。借金の利子に関することは利息制限法と出資法という違った二つの法律により定められています。

問題なのは、その二つの法律で、違った内容が記されています。

出資法では、利息は29.2%までであると記されています。しかし、もう一方の利息制限法では10万円以下の借金なら20%の利子、100万円以下の借金なら18%の利子、そして100万円以上の借金なら15%の利子というように記されています。

利息制限法を破っても罰則がありませんが、出資法を破ると罰則があります。
その点が過払い請求の問題なのです。