債務整理

債務整理を行えば借金を減らせたり、支払い期間に猶予が生まれたりするので、借金返済に追われる生活から早く解放されたい人は、手続きをしておくことが大切です。整理の手続きには、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産といった4つの手続きがあります。

どの手続きも弁護士に相談をすることで、申請することが出来ます。多額の借金で苦しんでいる方は、弁護士に相談をして債務整理を行い借金生活から少しでも早く逃れるようにしてください。自分のライフスタイルに合わせた解決方法を一緒に探してくれますので、少しでも早く借金生活から抜け出す為に、弁護士を利用してください。

任意整理は債務整理の中の1つです

任意整理は、借金の減額や金利引き下げなどの交渉をすることによって、毎月の返済金額を減額し、生活に支障をきたさない範囲で、返済をしていけるようにする債務整理の手続きの1つです。任意整理をしてみたら、多く過払い金が発生してしまい、払いすぎた分の利息を返還してもらうことによって、借金を無くすことができたというケースも多いです。

この手続きは他の手続きと違って、裁判所を通さずに金融機関と直接交渉を行うのが特徴です。直接交渉といっても、全て弁護士が代理で行ってくれるので、安心ですし交渉期間中は支払いをストップさせることが出来ます。

個人間の借金で債務整理する場合は弁護士に相談を

借金返済の負担を軽減できる債務整理ですが、法律事務所の宣伝のほとんどは、債権者が金融業者であることを想定した内容となっています。債権者が知人や友人などの場合、債務整理を行う事は可能なのでしょうか?

結論から言うと可能です。ただし、いくつか注意点があります。個人が相手の場合だと貸金業法が適応されないので、法律の専門家が介入しても債権者は債務者への取り立てを継続することが可能です。また、個人間の借金は商売でやっている訳ではないので、借金の減額に納得してもらえないケースがほとんどです。借金相談する相手は、交渉やトラブル解決のプロである弁護士を選択すると良いでしょう。

弁護士に相談をして債務整理を行い任意整理手続きしましょう

多額の借金がある方のために、支払い期限を調整したり、借金を減額したりして、借金の返済に追われる生活を軽減するための手続きとして債務整理があります。手続きにはいろいろな方法があって、任意整理、民事再生、過払い金請求、自己破産があります。

どの手続きを利用するにも、まずは弁護士に相談してから申請を行います。借金返済プランはライフスタイルに合わせて立てて、どの方法が一番合っているのかを決めましょう。手続き方法が決まれば、全て弁護士が代理で行ってくれます。手続き申請中は、全ての取り立て、支払いをストップさせることが出来ます。

債務整理と任意整理を勉強しよう

債務整理というのは、借金の整理をするということで、その中でも最初に提案されるのが任意整理を呼ばれるものです。こちらは、借金の月々の返済額について借り入れ先と相談をして、また利率自体は減らしてもらうようにお願いするようなものです。専門誌に名前が載ったり、今持っている財産を回収されるわけではないので、家族に内緒で返済しているという人でもそのままこっそりと返済を続けていくことができます。

特に多重債務を抱えている人にとっては少しでも月々の返済が減った方がいいので、この返済方法はおすすめですし、そこまで借金がない人にとっては綺麗に返済ができる手段の一つです。