債務整理を行い自己破産しましょう

債務整理は支払いに猶予を持たせたり、借金の減額をしたりして借金のある生活から解放させるための手続きです。この手続きには、過払い金請求、民事再生、任意整理、自己破産の4つの手続きがあります。全て弁護士に相談をすることで、自分に合った手続き方法で債務整理を行います。

過払い金請求や任意整理などで、基本的には借金返済の目途を立てることが出来ますが、多額の借金の場合はどうしても返済の目途が立たない場合があります。そんな時は自己破産申請を行います。破産宣告を裁判所に申し立て認可されると、全ての借金を免責してもらうことが出来ます。

債務整理を行い自己破産宣告することも検討しましょう

債務整理の手続きの自己破産は数ある方法のひとつで、返済をしたくても財産がなく、支払い出来ない状態であることを裁判所に理解してもらって、抱えている借金の支払い義務をすべて免除してもらう手続き方法です。住宅や車などの全財産を手放すことになりますが、破産宣告後の収入は全て自分の財産にすることが出来ます。

破産宣告をしても戸籍に残ったり、会社に支障をきたすこともありませんし、家族が保証人になっていない限り家族に影響を与える心配もありません。自己破産をすることで、借金を全てなかったことにして、人生の再スタートを切る事が出来ます。手続きは全て弁護士が代理で行ってくれます。

自己破産は債務整理の中の1つです

自己破産は財産、収入が不足し、借金返済の見込みがどうしても立てることが出来ない人が裁判所に対し、支払不能であると申請をし、裁判所で審理し認めてもらった場合、全ての借金の支払いを免除してもらう手続きで債務整理の1つです。

破産宣告をすると原則として、借金を払う義務がなくなるので借金に追われることなく、収入を全て生活費に充てることが出来るようになります。しかしながら家や車などの高価な財産は、全て借金返済に充てられてしまいます。破産宣告を考えている方は、弁護士に債務整理の相談をしてください。いろいろな方法がありますので、自分に合った方法で解決してくれます。

任意整理って、債務整理の中でどういった立ち位置なの?

任意整理と債務整理の中でどういった立ち位置なのでしょうか?民事再生と、自己破産はどのような点で違いがあるのか勉強していきましょう。まず民事再生は今抱えている借金を半額にする方法です。自己破産は今抱えている借金を0にする方法です。

任意整理に関しては利息分だけを減額してもらい元金についてはそのままの金額返済を続けていく方法です。これだけみるとあまりメリットがないような感じがしますが、多重債務をかかえている人にとっては今まで1社あたり2万円返済、かける3社だったのが3社で4万円など、自分が月々返済していくことができる金額にすることができます。

債務整理の中でも自己破産はばれずにできるの?

債務整理の中でも、任意整理や、個人再生に関しては弁護士や、司法書士など依頼した相手が知っているのは勿論ですが、弁護士にも司法書士にも守秘義務がありますので、第三者に漏れるというのはまずありません。自己破産に関しても相談した相手から情報が洩れるという状況はないのですが、その性質上的に家族にも内緒ということが難しいのです。

その理由は、借金を返済できない人間が財産を所有しているのは不自然ということです。20万円以上の財産においては、差し押さえをします。つまり家や、車は差し押さえの対象になります。さすがに家の差し押さえをされてしまったらそれをごまかすのは難しいです。